忍者ブログ

キールのシストレ日記

イザナミを使ったシストレ、FXなどで資産運用をしています。

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08


このグラフは2014年1月~10月の通算成績になります。
枠で囲った部分が当該月の推移です。

次に10月と累計での成績表になります。  一言で言って完敗の月でした(T T)
日記でも時々書きましたが、戦略の振り返りと反省点を。

・ブレイクアウト系
月の後半はともかくとして、前半~中盤は高値圏ブレイクアウトにはきつい月でした。
当然トレンド判定で下降トレンドだったので、資金、仕掛け銘柄数をかなり抑えたのですがことごとく負けました。
下降トレンド中はいっそのこと運用を停止して、逆張りに任せた方が良いかもしれません。

・逆張り系
逆張り3は下降中の自律反発を上手く捉えてくれたようで、唯一利益を出してくれました。
一方で逆張り4はかなり反省しなければなりません。
メンタル面から見ていくと、10月22日に手仕舞いシグナルが出てないにも関わらず手仕舞いをしてます。
そして10月23日には全ての銘柄で反発、損失だけを被るという最悪の結果となりました。
ここでは23日の反発を逃したという事は、結果的にそうなっただけであってさほど重要ではありません。
重要なのはなんで投げてしまったのかで、自分にとっては含み損の期間の長さにあったと思ってます。
22日から遡る事2週間ほどは含み損の連続でした。
額としては-10万円に達するほどではなかったので、そこまで大きな額ではなかったです。
ただいつまでも好転する気配のない状況には焦りを感じてました。
それに耐えられなくなったのが22日の投げに繋がったと思います。

メンタル的に耐えられなかったということは、設計の時点で甘かったという事になります。
逆張り3との比較で書きましたが、逆張り4は長めに持つ事もあり地合いの影響をよく受けます。
今回の事を踏まえて、地合いによって保有期間を変えたり、1日に投入する資金を減らすなり工夫が必要です。

・コキュートス(S)
負けはしましたが、年間を通して抜群の安定感です。
引き続き縁の下の力持ちとして支えて欲しいですね。

10月は自分にとって厳しい相場でした。
同時に色々な事に気付かされた月でもありました。
さらに地合いも金融緩和を受けて、10月31日に年初来高値を更新。
日経平均先物も500円近く上げており、何事もなければ火曜日はかなりの買い優勢で始まります。
この流れにしっかり乗れるよう頑張ります。

それでは~。
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
キール
性別:
男性
自己紹介:
8年ほど前に会社の持ち株会がきっかけで、株に興味を持つものの、ニュースやファンダメンタルズばかりを考え、何度も痛い目にあう。

これではいけないとテクニカル分析を勉強し、一定の成果をあげるもサラリーマンという縛りの中、条件にあった銘柄を探すこと、常に保有株を監視しなければいけないことに大変さを覚える。

そんな自分がシステムトレードソフト『イザナミ』に出会い、システムトレーダーとしての記録をまとめてます。

最近は、FXにも参入し、積極的な資産運用に取り組んでます。

月間収支(シストレ)

  2020年
   合計+4,094,100円
  2019年
   合計+1,275,600円
  2018年
   合計+3,070,310円
  2017年
   合計+1,023,200円
  2016年
   合計+648,900円
  2015年
   合計+18,200円
  2014年
   合計+224,078円
  2013年
   合計-17,243円

最新コメント

[05/04 たかし]
[05/03 たかし]
[05/02 たかし]
[08/23 こもりばん]
[06/07 とある名無しの投資家]

ブログ内検索

ブログ村

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- キールのシストレ日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]