忍者ブログ

キールのシストレ日記

イザナミを使ったシストレ、FXなどで資産運用をしています。

2020/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06

戦略 今月の収支 累計
順張り ±0円 +280,900円
逆張り -577,500円
-629,300円
空売り +246,400円 +527,500円
急落 +2,076,900円 +2,076,900円
合計 +1,745,800円 +2,256,000円
先月のまとめでコロナウイルスに振り回され…なんて書いてますが、本当に振り回されたのは今月でした。表を見ると単月で過去最高収支となり自慢しているように見えますが、上のグラフを見れば納得してくれると思います。3月以前と以後を比べると、収支の動きが全く違っています。


今月はとにかく逆張りと急落戦略の仕掛けがとんでもない量でした。


時系列で見ていくと、まず2月末に第1陣の急落シグナルが出て仕掛けました。この仕掛けはすぐに跳ね返ってくれたので、特にストレスなく大きな利益となりました。


それから少し空いた中旬に再度シグナルが出たため、仕掛けます。この時の心境としては、これまで急落戦略ではなんだかんだで利益になっていたこと、なにより直近で大きな利益になっていたことから、またチャンスが来てラッキーぐらいの気持ちでした。ところがこの仕掛けは今までとは様相が異なりました。

明くる日、明くる日、仕掛けても全く反発する気配を見せず、損切する日々が続きます。そして3連休前の19日には株の含み損は-300万円を超えました。そしてこの日付近は、FXの最大含み損の時でもありました。内訳を書くと、マネパの連続予約注文で-240万円、旧トラリピでのポジションが-110万円、積立系で-150万円と主だった戦略の合計だけで-800万円と絶望的な状況でした。


ここまでコテンパンにやられると、さぞかしメンタルにきたのでは?と思われそうですが、もちろん良い気分はしませんでしたが、意外にも冷静でした。理由は主に2つあり、1つはこうなることもあり得ると想定済みだったこと、もう1つは指数が今まで見たことないぐらい下げてることから諦めに近い感情がありました。

ただ見立てが甘かったと感じたのがこの日でもあり、FXの証拠金維持率を高めるためより資金が必要になったことと、シストレ自体の含み損の影響で資金が激減したことによる次の仕掛けがギリギリになってしまった事は反省点でした。そういう意味では、翌週(23日以降)はなんとしてでも上がってくれ!と祈ってました。


日本市場が終了してからの19日~22日はスリリングな動きでした。

まず19日は日経平均先物が大きく反発し、一時は19日の日経平均株価の終値より1000円以上高いところまでいきました。それを見てほっとしたのと同時に、最近のボラティリティから普段ならセーフティリードで違いないこの乖離でも安心できないと感じてました。嫌な予感というものは当たってしまうもので、日本市場がお休みだった翌日には全戻ししてしまいました。


週明けの23日にも大損切し、3月上旬までに積み重ねてきた貯金を吹っ飛ばすどころか、確定損益が-150万円までいきました。


ただここから運よく潮目が変わっていきました。

当日こそ損切をしたものの、陽線だったこともあり新規仕掛けは含み益で、先週末よりだいぶ見れるポジションになりました。

そしてそこからGUからの1000円幅上げが2連続できた流れに乗り、一気にドローダウンを回復、最高益更新となりました。もちろん運が良かっただけですが、含み損に臆せず攻め抜いた事も勝因の1つだと思います。


それ以降は急落の出番はありませんが、このタイミングで仕掛け数を減らしています。理由は一連の流れに怯んだのではなく、先述したシストレ自体に大きな含み損が発生した時とFXの証拠金投入時期が重なった時にパンクすると悟ったためです。

4月以降もまだまだ、もしかしたらより荒れ相場になるかもしれませんが、3月の教訓を活かして乗り切りたいと思います。


裁量はこのようになりました。
  今月の収支 累計
裁量 -58,200円 -52,100円


それでは~。
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
キール
性別:
男性
自己紹介:
8年ほど前に会社の持ち株会がきっかけで、株に興味を持つものの、ニュースやファンダメンタルズばかりを考え、何度も痛い目にあう。

これではいけないとテクニカル分析を勉強し、一定の成果をあげるもサラリーマンという縛りの中、条件にあった銘柄を探すこと、常に保有株を監視しなければいけないことに大変さを覚える。

そんな自分がシステムトレードソフト『イザナミ』に出会い、システムトレーダーとしての記録をまとめてます。

最近は、FXにも参入し、積極的な資産運用に取り組んでます。

月間収支(シストレ)

  2020年
   合計+2,570,300円
  2019年
   合計+1,275,600円
  2018年
   合計+3,070,310円
  2017年
   合計+1,023,200円
  2016年
   合計+648,900円
  2015年
   合計+18,200円
  2014年
   合計+224,078円
  2013年
   合計-17,243円

最新コメント

[05/04 たかし]
[05/03 たかし]
[05/02 たかし]
[08/23 こもりばん]
[06/07 とある名無しの投資家]

ブログ内検索

ブログ村

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- キールのシストレ日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]